港区・新宿区・文京区・千代田区のアンチエイジング、ホルモン治療、婦人科、専門医ウェルネスクリニック神楽坂で最適な健康をお手伝いします
東京メトロ飯田橋
C1出口またはB1出口徒歩1分
JR飯田橋東口徒歩3分
℡:03-6457-5600

新車の匂いが苦手な方へ朗報

https://www.freep.com/story/money/cars/ford/2018/11/19/ford-new-car-smell-patent/2027822002/

新車の匂いが苦手な方へ朗報です。

新車の匂いの元凶は、車内のビニール、プラスチック、革、カーペットやコーティング加工などに含まれる、揮発性有機化合物(VOC)です。湿度、温度が高かったり、乗車して椅子に座るとさらに揮発しやすくなり、匂いをきつく感じます。
今回紹介する記事によると、米国自動車メーカーのフォード社は、新車の匂いを好ましくないと感じる顧客が多いことに応え、匂いを無くした状態で新車を納品する手法を考案したそうです。その一連の匂い消し(主に日光に晒してVOCを揮発させる方法)の特許を取得しました。

大企業が顧客のために化学物質対策に従事するのは画期的ですね。

匂いを嫌忌することは個人差もありますし、良し悪しではないのですが、匂いの元のVOCが有害物質である事実が問題です。その匂いの有害物質に曝露しにくくなりますので、フォードの対策多くの人に有益なことです。

化学物質過敏症という病名はまだ認知度が低いですが、潜在患者数は右肩上がりです。クリニックへの問い合わせも最近特に増えており、世の中で化学物質が体調不良に関連していると気づかれるようになっているようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。