• 認知症、物忘れ
  • ADHD傾向(注意欠陥障害)や自閉症
  • パーキンソン病
  • 偏頭痛

認知症、物忘れ

脳細胞のサビ(酸化ストレス)は認知機能を劣化させます。脳がサビると、忘れっぽくなるということです。物忘れを予防するには、酸化ストレス対策をします。特に、水銀、鉛などの重金属、電磁波、有機溶剤、農薬、ビスフェノールなどの化学物質、脳への血行不良、過度なストレス、不眠が直接の酸化ストレス因子です。脳のダメージを加速する因子は、腸脳循環の関係で、腸のトラブル、リーキーガットです。リーキーガットと密接に関わる食生活は将来の認知機能に影響します。脳の細胞は脂質が豊富なので、構造を修復するために、良質の油を摂ることも大事です。たとえば、魚の油で知られるDHAやEPAのような長鎖の滑らかな脂肪酸です。水銀から脳を守るためにフォスファチジルセリンもよいと知られています。(水銀は認知症のリスク因子)まとめると、物忘れの改善のためには、腸内免疫を改善して、同時に酸化ストレス対策を講じます。

アルツハイマー病のリスク因子

  • 頭部のけが、頭部の繰り返すダメージ(サッカー、ボクシングなど)
  • メタボ、肥満
  • 鉛、水銀などの重金属
  • 電磁波
  • リーキーガット、IBS
  • PM2.5(粉塵)
  • 農薬その他の有機化合物、化学物質
  • 動かない生活
  • 過度なストレス
  • 甲状腺異常
  • 脳の虚血、脳への血行不良
  • 不眠

ADHD傾向(注意欠陥障害)や自閉症

ADHD傾向(注意欠陥障害)や自閉症は、行動や動作の特徴や周囲とのコミュニケーションの障害、社会的な相互作用の欠如の病気と知られています。けれども、最近の研究で、脳の異常のサインは、全身の複合的な機能異常の結果のものだとわかってきました。ADHD傾向の患者さんに共通することは腸内免疫の問題と慢性炎症です。
腸内免疫の問題と、細く長く続く慢性炎症が根底にあります。腸内環境を構成する腸内細菌叢のアンバランスも指摘されています。ほとんどの場合、腸内環境に影響を及ぼす、遅延型食事アレルギーが存在し、環境因子、腸内の腐敗ガス、カビの感染、水銀や鉛などの毒が関与しています。下垂体から分泌されるオキシトシンというホルモンの機能と腸内細菌の密接な関連性も近年知られてきています *1~*3
病状がエスカレートすると、リーキーガット、そしてリーキーブレインに発展します。

当院のADHD傾向の治療は上記の考え方に沿って、まず腸内免疫の改善をします。腸内細菌叢のエコバランスと腸内免疫の改善を認めてから、解毒を視野に入れていきます。ADHD傾向や自閉症 参考文献

  1. Cent.M.C.et.al. ‘’Gut microbiotaand attentiondeficithyperactivitydisorder: new perspectives for a challenging condition.’’ EurChildAdolesecPsychiatry. 2017 Sep;26(9):1081-1092.
  2. Aarts.E. et.al. ‘’Gut microbiome in ADHD and its relation to neural reward anticipation’’ 2017 Sep 1;12(9):e0183509.
  3. Edman SE et.al.‘’Microbes and Oxytocin: Benefits for Host Physiology and Behavior.’’ IntRevNeurobiol.2016;131:91-126.
PAGE TOP