点滴・注射治療の種類

  • オゾン血液クレンジング
  • 血液バイオフォトセラピーUVBI
  • ダイナミックバイオフォトセラピー
  • 高濃度ビタミンC点滴
  • キレーション
  • アルファリポ酸
  • グルタチオン
  • プラセンタ

オゾン血液クレンジング

オゾンを健康のために活用する効果的な方法のひとつが血液クレンジングです。

血液とオゾンの混合によって生成される過酸化水素と過酸化脂質代謝物が全身の組織を刺激しドミノ倒し式に連鎖反応を起こします。さまざまなメディエーターや代謝産物が放出されからだに有益に作用します。 オゾン療法は体内の酸素化を高め酸素供給不足による疾病の改善策となります。また、連鎖反応の結果放出される代謝産物が化学的に調合した薬品をはるかに上回る強力な生理的作用で全身の各機能を改善し向上させます。 オゾン療法は組織への血流を増やし、酸素供給を増やし、免疫能を改善し、細胞の修復やエネルギー代謝効率を向上させるためです。 血液クレンジングは日本ではあまり知名度が高くありませんが、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、オーストリア、ロシア、米国などの欧米諸国では既に確立した治療法です。欧米では専門の病院が存在し、スタンダードな治療法として安全に施行されています。 アンチエイジング、動脈硬化、糖尿病、リウマチなどに適応され、がん治療にも応用されています。

オゾン療法の効果

オゾン療法の健康改善のための高い有益性と安全性が多くの研究によって明らかにされています。

オゾン血液クレンジングの作用

  1. 体内の酸素化
  2. 血液循環改善
  3. 免疫能の向上
  4. ミトコンドリア機能改善
  5. 解毒のサポート
  6. 感染症改善
  7. アンチエイジング

1.体内の酸素化

オゾンガスを静脈から採血した血液に暴露するとどす黒かった静脈血が、みるみる赤く鮮やかな紅色になります。赤くなるのは酸素がヘモグロビンと結合するためです。(オゾンガスの95%以上は酸素です) オゾンが血液と混ざり反応することによって発生するROSやLOPなどの物質がカスケード的に連鎖反応を起こします。 オゾン治療による体内の酸素化は、2,3-DPGを介します。オゾンとの接触で、赤血球膜のリン脂質が離脱し、そこからオゾンがROOR=ペルオキシドという形で赤血球内に流入します。このペルオキシドは、グルタチオンペルオキシダーゼで分解されます。そのときにグルタチオンは還元型から酸化型になり、G6PDによって、2,3-DPGが上がっていきます。 白血球がオゾンに接触すると、インターフェロン-γやサイトカイン系が活性化されます。 血小板がオゾンと接触すると、オータコイドと成長因子の放出が起こり、血液がさらさらになる抗血小板凝集効果をもたらすメディエーターの反応が続きます。 後期反応の過酸化脂質代謝物は、血管内皮細胞でNO放出を増やします。 骨髄に対しては、もともと2,3-DPGの活性が高いスーパー赤血球を生産させるということがいわれています。1回の治療で約0.8-1%のスーパー赤血球が産生されます。血液クレンジングを繰り返し行うことで、スーパー赤血球が増え、全身の血液の20%程度をスーパー赤血球が占めるようになると、体内でパワーに満ちたスーパー赤血球が全身を駆け巡り、ミトコンドリア機能活性化や組織修復、組織の酸素化などの有益な作用を自動的に行うようになります。

2.血流改善

オゾンは体内の酸素化により血流を促進することで体全体の循環を改善します。オゾンによって酸素を含んだヘモグロビンがより多く毛細血管まで届くようになるため、細胞はより多くの酸素を受け取ることができます。慢性的炎症の多くが血流と酸素供給の不全の結果として起こると、多くの研究で指摘されています。オゾン療法は慢性炎症性疾患や加齢に伴う慢性の症状を予防・改善します。 この作用を応用し、治療効果を得られる例にアトピー性湿疹、黄斑変性症、糖尿病や不妊症が挙げられます。 オゾン治療を末梢動脈循環障害患者に施行後、末梢血流の有為な改善効果が研究によって確認されています。末梢動脈循環障害患者にオゾン療法を行うと血中の2,3-DPG濃度が明らかに上がります。すると赤血球の酸素乖離曲線が右方移動し、末梢で酸素を離しやすくなったからです。 また、ヨーロッパで行われた研究では、高齢者対象にオゾンガスを直腸注入した後の代謝活性化の効果を示しました。 直腸注入はヨーロッパでよく用いられている方法で、血液オゾン療法の場合の3~4倍のオゾンを入れます。オゾンを増やしていくと2,3-DPGが上昇します。2,3-DPGが上がると末梢の血流が改善します。

3.免疫能改善

健康な身体の免疫システムは、主な免疫系の腸内免疫をはじめ、バランスがとれた状態にあります。しかし、自己免疫疾患があると、免疫システムは感染源や外的環境からの異物に対して過剰に反応し、自己の組織をも誤って叩くことがあります。オゾンは慢性的感染症などで機能不全となりがちな免疫システムを強化すると同時に、自己免疫疾患のような誤作動をする免疫システムのバランスを取り戻します。 がん、エイズや慢性的な感染症で免疫システムが十分に機能していない場合は、オゾン療法は免疫システムの働きを刺激し、回復を促進します。 オゾンで免疫システムの鎮静化や活性化といった調整ができるのは、オゾン独特の白血球皮膜への働きによるものです。シトキンという免疫関連の伝達役を果たす分子を白血球が生産するよう、オゾンは働きかけることができるのです。 また、オゾン治療により、腸内免疫を司る腸管の免疫細胞の活性化効果も同時に得られるため免疫能改善が促進されます。

4.ミトコンドリア機能改善

オゾン療法は細胞膜修復、エネルギー代謝向上、ミトコンドリアの機能改善に高い効果を発揮します。糖尿病、心血管疾患、アトピー性湿疹、認知症、がんなど、多くの変性疾患の発生過程でミトコンドリアの機能不全が見られます。オゾン療法は2DPGを刺激することで酸素の吸収を促進します。DPGは細胞への酸素供給のため、ヘモグロビン分子からの酸素の放出を促進します。最適量の酸素がミトコンドリアへ供給され、ミトコンドリア内の代謝経路が効率よく作動し、ATP産生が増え、ミトコンドリアの膜が修復され、抗酸化作用が高まるため酸化ストレスを軽減し、病気の予防・抑止効果が期待できます。

5.解毒のサポート

オゾンは毒素を酸化(中性化)し、解毒物質グルタチオンを誘導し、肝臓と腎臓による解毒のプロセスを促進します。オゾン血液クレンジング療法が慢性肝炎や腎機能障害の治療効果を示すエビデンスがあります。

6.感染症改善

ウイルス、細菌、真菌(カンジダ、白癬)を死滅させることで感染症を抑制します。非結核性抗酸菌症、ライム病、エボラ出血熱、ヒトパピローマウイルス(尖圭コンジローマ)などの難治性の慢性感染の治療にも効果があると報告されています。オゾン療法で発生する1O2(一重項酸素)は強力な酸化作用を持つので細菌(特に酸素がない環境で育つ嫌気性の菌)、ウイルス、がん細胞から電子を奪って破壊します。同時に、正常な細胞が修復するのに必要な分の余剰酸素を供給します。

7.アンチエジング効果

ミトコンドリア機能改善、酸化ストレス軽減、解毒能改善、慢性感染症改善、免疫能向上、血液循環の改善、成長因子の放出による全身組織の活性化、正常細胞の再生、アンチエイジング効果があります。

美肌 筋肉量増加、 脂肪燃焼促進、 基礎代謝率向上による疲労回復・スタミナ増強 視力向上 睡眠の質向上 関節の構造と機能の改善、関節炎、関節痛の改善 運動能力改善 もの忘れ改善 学習力改善 骨の健康 体質改善(アレルギー、過敏症、虚弱など) インスリン感受性改善(血糖コントロール) ホルモンバランスの改善 不妊症

血液バイオフォトセラピー(UVBI)

紫外線C波を血液に照射する治療です。血中の酸素分子が励起状態、つまり通常の三重項酸素から一重項酸素になる酸化が起こり、抗酸化作用を刺激し免疫系を活性化します。紫外線による一重項酸素は皮膚にとっては有害ですが、一定量血液中で発生させた場合はより高い抗酸化能を引き出し有益な作用をもたらします。紫外線C波は血液と反応し、過酸化水素(H2O2)を発生させ、細菌、ウイルス、がん細胞を破壊する効果があります。有機化合物や生物的毒素の代謝、その他有害化学物質の解毒も促進します。組織中に蓄積している有害物質を細胞内から外へ、そして体外へ動員します。全身の多くの疾患に適応がありますが、特に感染症、疲労、ぜんそく、頭痛によいです。

ダイナミックバイオフォトセラピー

酸化療法の代表のオゾン血液クレンジングと血液バイオフォトセラピーを組み合わせ、同時に施行する治療法です。それぞれの特性を高め合い、相乗効果と継続効果をもたらす最強の組み合わせです。 オゾン血液クレンジングのみの治療、UVBIのみの治療、ダイナミックバイオフォトセラピー3種類の治療効果の比較研究の報告があります。ダイナミックバイオフォトセラピーがすべての指標において最大効果でした。

高濃度ビタミンC療法

抗酸化剤であるビタミンCを大量に点滴(静脈に直接注射する)をすると、血液中の組織と反応しアスコルビン酸ラジカルと過酸化水素が発生します。高濃度ビタミンC療法は抗がん効果として注目されています。がん細胞は正常細胞と異なり、活性酸素を中和するカタラーゼやペルオキシダーゼといった抗酸化酵素が不足しています。そのため、高濃度ビタミンC療法ではがん細胞のみ破壊されます。 ビタミンCは内服できるサプリメントが存在しますが、点滴による摂取法と作用が全く異なります。サプリメントの場合はからだの恒常性を保つはたらきのせいでビタミンC濃度をどんなにたくさん摂取してもほとんどが尿に排泄されてしまいます。ですから血液中に大量のビタミンCが流れることもなく、酸化ストレスが起こりません。高濃度ビタミンCはノーベル化学賞と平和賞受賞のポーリング博士が提唱した治療法で、米国では安全な抗がん治療法として多くの医療機関で急速に普及しています。10年弱と比較的新しい治療のため、現在日本ではようやく大学病院でがんに対する治験がはじまったところですが、代替医療や先端治療を施す医療機関は、欧米の研究結果や実績を元に日常的に高濃度ビタミンC療法を抗がん対策(予防と治療)に取り入れています。 また、高濃度ビタミンC療法は皮膚のコラーゲン生成や美白効果に優れているため、肌のアンチエイジング効果をもたらします。

グルタチオン

グルタチオンの三大効果は

  1. 免疫向上効果。
  2. 炎症性の慢性疾患を改善。 細胞の酸化を防ぎ、ミトコンドリア機能をサポートする、強力な抗酸化効果。
  3. 水銀、ヒ素、鉛などの有害金属や有機化合物の解毒効果。

グルタチオンはグリシン、システイン、グルタミン酸の3つのアミノ酸が合体した物質で、肝臓の中に最も多く含まれます。
グルタチオンは上記のように解毒や免疫改善という重要な役割を持つので、肝臓病にグルタチオンの注射をするのはこのためです。グルタチオンは、経口投与だと胃腸で消化され細胞にグルタチオンの構造のまま届きません。そのため、グルタチオンは注射、舌下投与、塗り薬といった経口剤以外の投与法が理にかなっています。
とくに、血管内に注射すると、赤血球を始め、全身の細胞へグルタチオンが届くため、効率よく全身の免疫向上、解毒効果と酸化ストレスから細胞を守る作用を得られます。

グルタチオンの点滴の適応

  • 脳の病気(記憶力低下、アルツハイマー、うつ病、自閉症、パーキンソン病など)
  • アンチエイジング、
  • 免疫不全、
  • 化学物質過敏症、
  • 肝障害、
  • キレーション治療(特殊な薬剤が重金属をつかまえて体外へ排泄する治療)
    との組み合わせ(相乗効果を得られます。)

プラセンタ

プラセンタとは胎盤のことです。
母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児の成長をサポートする成長因子などの豊富な栄養に満ちた臓器です。胎盤はもともと女性のからだに備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてくつられる臓器であり、役目を終えると出産とともに外へ排出されます。
小さな受精卵はわずか10ヶ月のあいだで重さ3キロもある赤ちゃんへと成長します。この驚異的な生命力を胎盤が司ります。
胎盤の薬効は世界中で古代から注目され、とりわけ滋養強壮や若返りの秘薬としても珍重されてきました。
たとえば、フランスのマリーアントワネットやエジプトのクレオパトラはプラセンタ療法を受け、美と健康を保っていたと伝えられています。
プラセンタには多数の生理活性物質が自然のままの状態で含まれているため、全身の器官の機能低下を改善し、かつ、組織の修復を行う能力があります。
老化に共通する特徴は、全身の組織のダメージや全身の機能低下です。プラセンタの中の様々な細胞増殖因子や抗炎症作用のある活性物質は老化による細胞変性を修復しやすくします。

PAGE TOP